被災地の人たちにホタテを届けたい

2024年1月1日の能登半島地震から半年が経ち、
ニュースなどでは被災地の情報を得る機会が減っています。
しかし、国道を含む多くの道路で土砂崩れや道路の陥没、アスファルトの割れといった被害は、
5月末時点でも46区間で続いています。
また、被害の大きかった珠洲市では今もなお、ボランティアによる炊き出しが行われており、
日々の食材調達が大きな課題となっています。


そこで当社では、5月2日に石川県珠洲市の健康増進センターへホタテ100kgを寄付。
1,500食近くのお弁当の具材として活用いただきました。


この取り組みを一度のみで終わらせるのではなく、
継続的に支援を行うことを目指してこの度寄付を募ることにいたしました。

寄付の使い道

寄付金が3万円貯まった時点で、ホタテを石川県珠洲市に寄付します。
寄付したホタテは、珠洲市の健康増進センターで配布される炊き出しのお弁当として使用いただく予定です。
5月2日に届けた際には、ホタテの中華煮をお弁当の一品として提供いただきました。

寄付の詳細について

現在の寄付状況

  • きゅういちの復興支援
  • きゅういちの復興支援
  • きゅういちの復興支援
  • きゅういちの復興支援